ウェルネスダイニングで後悔?…コレだけは知っておきたい口コミでの悪い評判!

ウェルネスダイニングの評判を口コミから検証してみました!

こんにちは、今日はウェルネスダイニングで後悔しないための情報として、その評判を口コミから検証してみました。

ウェルネスダイニングをご検討中の方は、是非、参考にしてください。

「ウェルネスダイニング」とは?

ウェルネスダイニングは、様々な食事制限がある人でも安心して食べることができる宅配食のサービスです。

メニューは管理栄養士が監修しており、食事制限の内容(カロリー・塩分・糖質・塩分&タンパク質)に合わせて計算されています。

そのため、自分で管理しなくても安心して頂くことができます。

ウェルネスダイニングの宅配食は、冷凍パックで送られてくるので、いつでも好きなタイミングで食べることが可能です。

お弁当タイプの宅配サービスでは、その日に食べてしまわないと食材が悪くなってしまう場合があります。

また、時間を置くことで味も落ちてしまいます。

その点、ウェルネスダイニングの宅配食は、冷凍庫で3か月は保存することが可能です。

時間が経っても、味は一切変わらずおいしく頂くことができるのです。

宅配食というと、メニューが日替わりであってもパターン化していることが多く、長く利用しているとメニューに飽きてしまうことがあることでしょう。

しかしウェルネスダイニングでは、利用する方が毎日飽きずに食べられるよう、メニューが豊富に揃えられています。

しかも単に宅配食を提供するだけではないのがウェルネスダイニングで、管理栄養士が常にいるので、注文と一緒に食事に関する相談をすることもできます。

それから楽しく食事制限をするためには、食事に満足できることが重要です。

ウェルネスダイニングは、程よい食感で塩分控えめなのに、しっかりとした味付けがされており、口に入れやすい大きさにこだわって、手作りされています。

更に、ボリュームもあるので、満足することができます。

歳を重ねることによって、咀嚼(そしゃく)力も低下しがちです。

食べ物を飲み込む力も低下するので、食事全体を柔らかめにする必要が出てきます。

ウェルネスダイニングでは、咀嚼力や飲み込む力が低下している方に向けて、やわらかめの食事を中心とした宅配食も提供しています。

やわらかさは、

・「ちょっとやわらかめ」

・「かなりやわらか」

・「ムースやわらか」

の3つから選ぶことができ、そのときの体の状態に合わせて選ぶことができます。

「食事制限宅配食」「柔らか宅配食」のどちらも、7食パック・14食パック・21食パックの3タイプから選んで注文することができるようになっています。

便利な定期お届けコースもあるので、その都度、注文する手間が省けて便利です。

定期便というと、色々な決まり事(3か月以上利用しなければいけないなど)が存在する場合がありますが、ウェルネスダイニングの宅配食では、いつでも止めることができるほか、利用中でも配達内容の変更も可能です。

「ウェルネスダイニング」の効果的な利用方法!

ウェルネスダイニングでは、

・「カロリー制限」

・「塩分摂取制限」

・「糖質摂取制限」

・「塩分&タンパク質摂取制限」

がある方に対応した宅配食を提供しています。

摂取制限があると、食事を作る際には必ず分量をはかる必要があり、とても面倒です。

きちんと分量をはからずに調理をすると、制限量をオーバーして症状が悪化する可能性もあります。


カロリー制限気配り宅配食

ウェルネスダイニングの「カロリー制限気配り宅配食」は、1食あたり240kcalになるように作られているほか、塩分も2.5g以下に制限されています。

カロリーや塩分が制限されていると、食事の内容も期待できないと思ってしまいますが、その点の配慮もされています。

管理栄養士がおいしくて満足できるメニューを常に考えてくれているのです。

ウェルネスダイニングは1食分の量が決まっているので、3食を宅配食に替えると、食べ過ぎを防げるので効果的ですね。


塩分制限気配り宅配食

ウェルネスダイニングの「塩分制限気配り宅配食」は、1食あたりのカロリーが300kcalで作られているほか、塩分が2.0g以下に制限されています。

厚生労働省が推奨する1日の塩分摂取量は、男性が8g、女性が7gとされ、高血圧学会が推奨する摂取量は、男女ともに6g未満としています。

ウェルネスダイニングの「塩分制限気配り宅配食」は、1食で2g以下に抑えられているため、3食を食べても1日の摂取量を超えることはありません。

薄い味に慣れることで、自然と塩分制限が行えるようになります。

濃い味が好きな人は薄味に慣れるまで、1日3食をウェルネスダイニングに替えると良いでしょう。


糖質制限気配り宅配食

ウェルネスダイニングの「糖質制限気配り宅配食」は、1食あたりのカロリーが240kcal、糖質15g以下、塩分2g以下に制限されています。

糖質の制限量は、その人の症状のレベルによって異なりますが、「糖質制限気配り宅配食」では糖質がかなり抑えられているので、ごはんなどの炭水化物も追加で摂取することが可能です。

糖質はエネルギー源にもなるため、決められた量は摂取することが大切です。

できれば1日3食をこの宅配食にするのが望ましいですが、お昼に自宅にいない場合には、朝と夜を宅配食にするとよいでしょう。


たんぱく&塩分調整気配り宅配食

ウェルネスダイニングの「たんぱく&塩分調整気配り宅配食」は、カロリー300kcal以下、塩分2.0g以下、タンパク質10g以下、カリウム500㎎以下に制限されています。

制限されている成分が多いほど、自分で管理するのは大変です。

そのため、1日3食をウェルネスダイニングを利用することで、安心して美味しい食事を摂ることができます。

「ウェルネスダイニング」の評判…良い口コミ

実際にウェルネスダイニングの宅配食を利用している人の良い口コミを見てみましょう。


「若いときには、少し体重が増えても運動をすれば減らすことができましたが、更年期になるとそうもいきません。
そこで、栄養バランスを良くして代謝をアップさせようと思い、ウェルネスダイニングさんのカロリー制限宅配食を利用することに決めました。
味はあまり期待していませんでしたが、実際に利用してみると「これで低カロリー?」と思うほどのボリュームと美味しさでした。
夕食を宅配食に替え、3か月ほど続けてみました。
すると、これまでなかなか減ってくれなかった体重が、なんと4㎏減に成功しました。」


「私に合った柔らかさでとても美味しく満足しています。
年齢も70を超えてしまって、この歳になると、固いものが食べ辛くなり、また飲み込むまでにも時間がかかるようになりました。
そのことを娘に相談したところ、ウェルネスダイニングのやわらか宅配食を勧められました。
とてもやわらかいので噛みやすく、すっと飲み込めるので、あごが疲れず美味しくいただけています。」


「無理なく食事制限ができてうれしいです!
これまでの食生活が影響し、コレステロール値が高く高血圧の予備群と診断されました。
今の状況を改善するためには、運動と食事がとても重要と言われたため、口コミでも評判が良かった「ウェルネスダイニングの宅配食」を利用することに決めました。
冷凍で送られてきて、レンジでチンすればいつでも制限食が食べられるということで、料理のできない私には、とてもうれしいサービスです。
それでいて味がいいので文句のつけようがありません。」


「私は糖質制限の宅配食を利用しています。
最初は物足りなさを感じましたが、続けていくうちに量も丁度良く感じるようになり、体重も減少してきて嬉しいです。 なにより続けられるのは美味しくて献立も変わるので飽きることがないところです。」


⇒ウェルネスダイニングの食事は、様々な体の悩みを抱えている人の症状改善に大いに貢献していることが、良い口コミから見て取れました。

「ウェルネスダイニング」の評判…悪い口コミ

利用者の満足度が高いウェルネスダイニングの宅配食ですが、良い評判ばかりではないようです。

次に悪い口コミを検証したいと思います。


「ウェルネスダイニングさんで定期便を利用していますが、食事自体は量もちょうど良く味付けも美味しいです。
しかし、送料が毎回かかるのが気になります。
定期便の送料は、購入時の半額にはなっていますが、無料にしてくれても良いのにと思いました。」


⇒送料に関しての不満の声がありました。

ウェルネスダイニングはクール便で配達されるため、通常の送料に加えクール料金が加算されています。

確かに毎回のこととなると、できれば送料を無料にして欲しいと感じてしまいますね。

少し考え方を変えて見ると、自宅まで配達してくれるので買い物の手間がなくなります。

またスーパーやコンビニに行く必要がないので、うっかり必要ないものを買ってしまうということもなくなります。

その点では節約に繋がるかもしれませんね。


「ウェルネスダイニングは1食の量が少ないです。
女性にとってはちょうど良い量なのかもしれませんが、男性の私にはこの量では正直物足りなさを感じてしまいます。
そのため、ご飯を多く食べてしまったり、2食分を食べてしまうことがあります。
血圧が高いので食事制限のために始めましたが、全く制限ができません。」


⇒1食の量に関しては、人によって個人差があります。

特に男性の場合、ウェルネスダイニングの量は少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

対策として、咀嚼する回数を30回以上に増やし、ゆっくり食事を味わってみてはどうでしょうか。

素材の味を楽しみながら食べることを続けていれば、1食分でも満足できるようになるかと思います。


「送られてくるのは「おかず」のみで、ご飯やお味噌汁はありません。
せっかく、カロリーや塩分などを制限したものを注文しているのに、ご飯と味噌汁分のカロリーや塩分が入っていないので、制限を超えてしまわないかと心配になります。」


⇒確かに、せっかくならば全て揃った状態で配達して欲しいと思いますよね。

確かにウェルネスダイニングはおかずのみの配達ですが、その分、ご飯の量で食事量を調整できたり、お味噌汁は地元の味に合わせて自分で作る楽しみを残しておくことができます。

宅配も楽しみながら、料理をする楽しさも一緒に味わってはいかがでしょうか。

「ウェルネスダイニング」定期お届け新規申し込みでプレゼント!

ウェルネスダイニングでは、定期お届け便を新規申込みすることで、素敵な特典「摂りすぎ防止器(うつわ)3点セット」が、全ての方にプレゼントされます。

摂りすぎ防止器(うつわ)3点セットとは、お茶碗・しょうゆつけすぎ防止皿・角皿の3点がセットになったもので、ウェルネスダイニングオリジナルの器です。

お茶碗は、従来のものよりも口を広く側面を高くすることで、実際は少ない量でも多く見せることができ、食べ過ぎを防ぎます。


従来のお茶碗を使用すると、1杯のご飯量150g・250kcal・糖質55gを摂取してしまいますが、このお茶碗を使用すれば1杯105g・175kcal・糖質38gにまで抑えることが可能となります。

ウェルネスダイニングの宅配食にはご飯が付いておらず、自身で用意する必要がありますが、このお茶碗を使用すれば摂りすぎる心配もありません。

塩分制限がある場合、刺身に付ける醤油量にも気を配る必要がありますが、この醤油さし皿を使用すれば、醤油の量を最小限に抑えることが可能です。


使い方は、深い部分に醤油を少し入れ、刺身に醤油を少し付けます。

皿の平らな部分に、醤油のついた部分をトントンと付けることによって、刺身に付いた醤油を取ることができ、摂取量を抑えることができるのです。

角皿は、表面が波状に加工されており、余分な脂肪分を落とせるようになっています。


脂分の多い肉類を食べる際には、このお皿にのせることで、余分な脂が波状のくぼみ部分に溜まり、脂質の取りすぎを抑えることができます。

このウェルネスダイニング独自の3つの器を使って食事をすることで、糖質・カロリー・塩分・脂質カットが無理なく行えるわけです。


ウェルネスダイニングの定期コースは、7食・14食・21食の3種類から選ぶことができ、お届けのタイミングも毎週1回・2週間に1回・3週間に1回・毎月1回の4パターンから選択できます。

料金は、

・7食コースが税込4,806円

・14食コースが税込9,504円

・21食コースが税込14,040円

となっています。

お届けはクール便となり、送料は初回無料、2回目以降は通常756円(税込)のところ半額の378円となり、大変お得です。

ウェルネスダイニングの宅配食を始めるなら、毎回注文する必要がなく、豪華プレゼントがもらえる「定期お届け便」を利用するのが最もオススメです。

まとめ

ウェルネスダイニングは、様々な食事制限がある方や高齢で噛む力や飲み込む力が低下している方なども、安心して食べることができる宅配食を提供しています。

冷凍された食事がまとめて届くので、使い勝手が非常によく、冷凍庫で長期保存が可能ですし、必要な時に必要な分だけ食べられるといったメリットを享受することができます。

一方デメリットと言えば、献立は管理栄養士が監修しているので、メニューはお任せになってしまいますが、素材の味をしっかりと感じることができ、制限食とは思えないおいしさを味わうことができます。

ウェルネスダイニングの味に関しては折り紙付きで、「固そう」「パサつきそう」といった冷凍食のイメージが一切ないのです。

食材ごとにゆで時間や味付けの工夫がなされてますし、さらに手間暇かけて最適な柔らかさになっています。

その美味しさは口コミでも評判が高く、皆さん全然デメリットして感じていらっしゃらいように思えます。

今までウェルネスダイニングが気になってたけど、どうしようか迷ってた方。

是非この機会に、お試しになってみてください。


公式サイト

ウェルネスダイニングの公式サイトはコチラへ



■LINK■